So-net無料ブログ作成

聖闘士星矢Ω ネタバレ あらすじ 80話 [聖闘士星矢Ω ネタバレ]

聖闘士星矢Ωの80話を見ました。

タイトルは、「時の王!氷河、絶対零度の凍気!」です。

2級パラサイトとなったデスウォッチの時貞と、伝説の青銅聖闘士となった
キグナス氷河の対決です。

今回も、どんな戦いになるか楽しみでした。

時貞に、昴やエデンやハルトが立ち向かう。

時貞はハルトにクロノディレイドを仕掛けるが、
コスモを燃やして耐え忍ぶ。

セブンセンシズに目覚めて、大幅にコスモを高めている。

次に、時貞はクロノイモータルをしかける。

この技は、自分自身の時間を止めることで、相手の攻撃を無効にする。

ハルトの技も通用しない。

破壊とは、原子の状態を変化することなので、
時を止めることによって原子の状態を変化させないようにすれば、
破壊されることはない、という原理である。

さらに、時貞は自分の時間を止めた状態でも動くことができ、
相手に攻撃を仕掛けることができる。

奥義クロノドミニオンを発動。

昴はダメージを受ける。

立ち上がった昴の体から異様なコスモが燃え上がり、時貞を攻撃。

時間を止めている時貞にダメージを与える。

昴にとどめを刺そうとした瞬間、キグナス氷河が参上。

時貞の攻撃を凍気で防ぐ。

原子の動きを止められるのは氷河も同じ。

氷河のダイヤモンドダストをクロノドミニオンで防ぐ。

次にオーロラサンダーアタックを放つ。

時貞を凍らせかけるが、体勢を立て直し、
氷河の技を押し返す。

氷河がコスモを燃やし直し、時貞の技を押し返し、
オーロラエクスキューションを放つ。

時貞をフリージングコフィンにより、
氷の棺に閉じ込め、バトル終了。

1級パラサイトの黒のテクターがついに登場。
一体がゴールドクロス3体分に相当する威力を持つらしい。

次回(81話)は、1級パラサイト・重爆雷斬刃のアイガイオンが戦場に登場。

どんな戦いになるか、楽しみですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。